HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

HDDを守るUPS、サージプロテクター

HDDはHDD(ハードディスク)とは何?で説明したように、非常に繊細な機械で、壊れやすいものです。


そのHDDを壊してしまう原因には、衝撃、温度などがありますが、過電流や電気の瞬断も実は原因の一つです。雷が起きているときなどに突然大きな電流が流れてしまったり、一瞬電気が切れてしまったりは意外と起こり得るものなんです。


そうした際に、HDDに電気的な負担がかかり、HDDが壊れてしまう場合があります。日本の設備はかなり良いので、たとえば米国などに比べると安心はできますが、それでも全く起こり得ないということではないので、大切なコンピュータを守るためにも、対策したいものです。


簡単なものとしては、電源延長コードにサージプロテクターが付いているものを買うことです。電気の瞬断によるコンピュータの突然のダウン(ただし、これはデスクトップのみです。通常ノートパソコンはバッテリーが付いており、瞬断しても問題ありません。)には対応できませんが、過電流には対応してくれます。


もし完全に対策したいのであれば、UPS(無停電電源装置:Uninterruptible Power Supply)を導入するのが良いと思います。UPSにはバッテリーが搭載されており、もし電気が断たれても、そのバッテリーが持つ限りはパソコンが突然ダウンすることはありません。


ただし、そんなに長く持つ訳では無いので、もし長時間の停電であれば、バッテリーが無くなる前にコンピュータを落とす必要があります。USBケーブルでコンピュータとUPSをつなぎ、UPS側で停電をキャッチした場合に自動でコンピュータを落とす設定もできるので、安心です。


瞬断であれば、すぐ電気が元に戻るので、何事も無かったのように、使い続けられます。デスクトップコンピュータを使っている人には重宝できると思います。また、UPSの多くはサージプロテクターも一部電源にて兼ねている場合が多く、これであれば、こうした災害が防げることになります。


私はずっと500WのUPSを使っており、それで何度か助かりました。消費ワット数については、当然高いUPSの方が電気の供給が無くなってから持つ時間が長かったり、多くの機器に同時に対応できたりと良い面があるのですが、反面重い、価格が高い、ということもあるので、通常のデスクトップ1台であれば、500W前後で大丈夫だと思います。


UPSあるいはサージプロテクターを使って、大切なコンピュータを守りましょう。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)