HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

HDD故障 ~HDDは壊れやすい?

HDDは実は故障しやすいハードウェアです。結構デリケートなので、振動や熱などで物理的に破損してしまう可能性があります。HDDが故障する、ということは、あなたの大切なデータが無くなるということです。

たとえば、ExcelやWordなどのソフトウェアは壊れても再度CD-ROMなどから再インストールすれば良いのですが、あなたが作成したデータは一旦壊れると復旧が難しくなります。


HDDは故障するのが当たり前!という前提で、定期的に重要なデータのバックアップをすることが肝要です。1週間に1度バックアップしておけば、最悪でも1週間前の状態にまでは復旧可能です。

HDDが故障してしまうと、

 ・良くてHDD修復ソフトウェアを購入してデータを救出

 ・悪いとHDD修復ソフトウェアでは対応できず、HDDサルベージ業者へ依頼

 ・最悪は、完全にHDDが破損してデータが修復できない

ということになります。


あなたが作成したもの、他から入手した重要なファイルなどが無くなってしまう危険があるのです。まずはHDDが故障しやすい精密機器ということを理解し、ノートパソコンであれば、特に持ち運びや熱などに注意しましょう。

HDD故障に備えたバックアップとして現在私が重宝しているのは、外付けのポータブルHDDです。USBでパソコンに接続し、必要なデータを外付けポータブルHDDへ保存することでバックアップにしています。もちろん同時に両方のHDDが故障すると結局同じことになりますが、確率として低いので、こうした方法を取っています。

CD-ROMやDVDへ書き込む手段もあるのですが、最近はデータの総量がどんどん増えてきて、なかなかバックアップを取るのが大変です。その点、HDDならお手軽なので、少しリスクは残りますが、こんな方法を取っています。参考になれば嬉しいです。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)