HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

Windowsが起動しない場合のHDDデータ救出

HDD(ハードディスク)のデータ救出は必ずしもHDD本体が壊れた場合だけでなく、パソコンの他の部分が壊れてパソコンが正しく起動しなくなった際に、HDDに保存された貴重なデータを救出する場合も多いと思います。

この記事では、HDDケース(ハードディスクケース)を利用したHDDデータ救出方法を説明します。前提としては、HDD本体が物理的に破損していないことです。また、データ救出するための他のパソコンが必要になります。

ただし、パソコンが立ち上がらなくなっている状況では、では実際に何が問題なのかは分からないことが多いと思います。ですので、このHDDデータ救出方法では、使用するHDDケースに関して、他にも転用できる、つまり日々のパソコンライフでも使えるガジェット(道具)としての面も合わせて紹介します。

使っているパソコンがデスクトップなのか、ノートブック(ラップトップ)なのかによって内蔵ハードディスクの大きさが違っていると思いますが、両方ともHDDケースを使うことで対応できます(もちろん、HDDケースは異なるサイズのもの、あるいは両方のサイズに対応しているものが必要ですが)。

通常デスクトップであれば、3.5インチのHDDを、ノートパソコンであれば、2.5インチのハードディスクが使われていると思います。

HDDケースは、こうした内蔵HDDを接続することで、外付けで他のコンピュータに接続できるようにしてくれます。簡単なデータ救出作業の流れは下記の通りです。
1.壊れたパソコンから内蔵HDDを取り出す
2.HDDケースの中に内蔵HDDを取り付ける
3.HDDケースをUSBなどで他のパソコンに接続する
4.必要なデータを取り出す、あるいはバックアップする

ノートパソコンであれば、1の内蔵HDDの取り出しに苦労するかもしれませんね。内蔵HDDの取り出しなどが容易にできるよう設計されているものもありますが、結構大変な作業を伴うものもあります。これは、メーカー、機種により異なってくるので、お使いのメーカーへ問い合わせ、あるいはメーカー、機種で検索して方法を確認するのが良いと思います。

ちなみに、IBM、今はLenovoですね、はこの点優れていて、こうしたメンテナンス作業が非常に簡単にできるよう設計されています。


さて、では、HDDケースの普段からの有効活用です。当然HDDケースは別途購入する必要があるので、追加投資になりますから、できれば普段から活用したいものですよね。

これは、HDDケースを外付けハードディスクのようにバックアップ、あるいはメディア(写真や動画など)保存用に使うことで解決できます。HDDケースとプラスで内蔵HDDを買う、あるいはHDD増設の際に余る古い内蔵HDDを使うことで、簡単にバックアップメディアが誕生します。

内蔵HDDを複数用意することで、とっかえ、ひっかえできますから、たとえば、
内蔵HDDその1 バックアップデータ
内蔵HDDその2 映画
内蔵HDDその3 写真
内蔵HDDその4 別OS
なんてことも可能な訳です。

まあ、こんな感じでバックアップをきちんとしていれば、いざという時にもパソコンに入っている内蔵HDDを取り出してデータ救出することにそれほど重きを置く必要はないのですが、バックアップも毎日している訳ではないでしょうし、しばらくしていない場合に限って壊れたりするので(苦笑)、こうした方法があることも知っていて損はないと思います。



HDDデータ救出 ~HDDサルベージ業者

HDDが故障するとHDDから必要なデータを救出する必要が出てきます。HDDの故障具合により、どこまでデータ救出できるかは異なります。

ただ論理的に壊れただけの場合は、結構ソフトウェアでHDDを修復できるケースが多いです。その際は、データ救出というよりもHDD修復によりデータが完全に復活します。

ところが、パソコンにあまり詳しくなく、自分でHDDデータ救出ソフトウェアを使いこなせない場合や、一部の物理的な破損により通常のHDD修復ソフトウェアではHDDデータ救出ができない場合は、HDDデータ救出をしてくれるHDDサルベージ業者へ依頼することになります。

HDDサルベージ業者はオンラインでサーチすると結構多く見つかりますが、実はその対応力がまちまちだったりします。ただ安いから、ではなく、

 ●HDDデータ救出の実績

 ●HDDデータ救出にかかる時間

 ●HDDデータ救出のための施設

 ●対応時の説明内容

などを考えて決めましょう。

ただし、HDDサルベージ業者と言えども、傷などによる物理的な破損ではデータを救出できない場合が多いです。やはりバックアップは重要ですね。