HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

HDD(ハードディスク)故障に備えて

HDD(ハードディスク)はコンピュータの部品の中でも機械的に精密で、振動に弱いパーツになります。落としたり、揺らしたり、低温・高温を避けたり故障への予防策はありますが、いざ故障した場合に備えたバックアップが重要です。



HDD故障 ~HDDは壊れやすい?
という記事でも書きましたが、私の場合は故障に備えて外付けのハードディスク(USBケーブルでコンピュータに接続するもの)へデータをバックアップしています。最近のコンピュータであれば、USB2.0をサポートしていると思うので、外付けハードディスクもUSB2.0をサポートしているものにしてください。そうすれば相当早い速度でデータのやり取りができます。


以前はCDやDVDへデータを焼き付けていたのですが、HDD(ハードディスク)の大容量化に伴い、だんだんバックアップ作業が面倒臭くなってきて(笑)、今は外付けハードディスクにしています。ただし、これは絶対になくなると困る!という一部のものだけは、別途CDへ焼き付けています。


もちろんそうは言っても外付けハードディスクも容量が有限なので、今回は、今私がバックアップのために使っているフリーウェアツールの紹介です。
RealSyncという名前で、フォルダを同期してくれます。お使いのパソコンのフォルダと外付けのハードディスクのフォルダを同期設定することで、簡単にバックアップができます。必要なフォルダを指定してバックアップしたい人には便利です。

もし一括でハードディスクのイメージ全体をバックアップしたいのであれば、NortonのGhostなどの有料のツールを使うことになります。OSも含めて完全なバックアップになるので、非常に安心できます。何か起きた場合にサルベージ業者などへ依頼することを考えると、こうしたツールの方がよっぽど安価ですので、是非検討をお勧めします。

こうしたツールなどにより、面倒臭いバックアップを楽にして、万一のことに備えましょう。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)