HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

HDD(ハードディスク)とは何?

HDD、ハードディスクなどという名前を聞いたことがあると思います。特に、自宅、職場などでパソコンを使用している人であれば、お使いのパソコンにもそれぞれハードディスクが入っていると思われます。

さて、ではHDD、ハードディスクとは何なのか、ですがデータを保存する機器になります。今はほとんど見なくなりましたが、以前はフロッピーディスクというものにデータを保存していました。中にぺらぺらの薄い円盤型をしたフィルムのようなものが入っていて、それに磁気を利用してデータを保存していました。ハードディスクはフロッピーに対して、硬い金属の薄い円盤が中に入っていて、これにやはり磁気を利用してデータを保存します。

CDやDVDプレイヤーでプレイ中はCDやDVDが回っているのを見たことがある人もいると思いますが、ハードディスクの円盤も、使用中は一定の速度で回転しており(回転数rpmなどで諸元表に表示されています)、回転している円盤に磁気ヘッドがアクセスして(稼働中は物理的に触れるおらず、少し浮いた状態で)磁化のパターン(N極とS極)情報を記録します。

稼働中にこの磁気ヘッダが円盤に触れるようなことがあると、円盤は高速で回転しているのですから、円盤が磨耗、破損し、ハードディスクが物理的に破損したかなり最悪の状況になることになります。

ハードディスクが振動に弱いのはこうした精密な構造が原因なんですね。更に、今はあたかも円盤が1枚だけという書き方でしたが、現在の大容量化されつつあるハードディスクは円盤が複数枚、それに合わせてデータを読み書きするための磁気ヘッドも枚数分が積み重ねられていることがほとんどです。

当然1枚ずつの場合よりも更に精密に動いているので、振動等で容易に傷ついてしまうのが分かると思います。こうした構造を把握してそれをイメージすることで、ハードディスクを壊さないように注意して取り扱うことができるようになると思います。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)