HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

外付けHDD(ハードディスク)は使える?!

外付けHDD(ハードディスク)についてはこのサイトでも何度か取り上げていますが、実は非常に便利で、是非とも1家に1台持っていたいものです。

まず外付けハードディスクとは何か?ということですが、そもそもコンピュータにはハードディスクが付いていて、これがデータを保存しておく装置になります。人間で言えば、脳に情報が記憶されるので、脳の記憶をする機能の部分にあたります。

そして、通常であれば、デスクトップパソコンにせよ、ノートパソコンにせよ、最初からハードディスクが内蔵されています。これを内蔵ハードディスクと呼びます。コンピュータを買う際にハードディスク120GBとか書かれている部分が内蔵ハードディスクの容量になります。

デスクトップパソコンであれば、スロットの数や筐体のベイの空き状況などにもよりますが、内蔵ハードディスクを増設できたりもします。

ただし、そうした制限により内蔵ハードディスクを増設できない、とか、そもそもノートパソコンでは、ハードディスクの交換はできますが、これは大変ですし、増設は無理なので、こういった状況では、外付けのハードディスクが威力を発揮します。

外付けのハードディスクの主流はUSBにより接続するものです。USBのバージョンが2.0台になったことで、データやり取りの速度がアップし、ハードディスクとして普通に使う分には不満のない状況になったのが大きな要因です。

最近のパソコンであれば、USBポートは備えているので、多くの人が使えるというのも外付けハードディスクがUSBインターフェースで広がっている理由です。


さて、そんな外付けハードディスクですが、プラスアルファのハードディスクとして、バックアップ用のメディアとして、データの移設やコピーなどの媒介としてなど様々に使える優れものです。容量もUSBメモリやCD、DVDなどと比べても非常に大きいですし、読み書きも簡単なので、一度使い始めると離せなくなります。

私は主にバックアップ用として外付けハードディスクを使っています。まずはメインのパソコンのデータのバックアップ、それから、画像や動画など大きいデータをメインのパソコンから消して、外付けハードディスクだけにとっておいたりもしています。

今見るものは、内蔵ハードディスクに入れておき、見たら、外付けハードディスクに移し、もしずっと残しておきたい程のデータであれば、CDやDVDなどへの保存をします。

メインのコンピュータのデータが増えて、ハードディスクがある程度以上使われている状況になると、ハードディスクの読み書き自体が遅くなってくるので、なるべくメインのパソコンの内蔵ハードディスクは使用容量を60%以下に抑えておこう、というのが私の方針なんです。

いろいろな用途にお手軽につかえる外付けハードディスク、まだ持っていなければ、容量がそれほど大きなものでなければ、安価に手に入るので、試してみてください。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)