HDD修復・修理・復元データ救出情報館では故障したHDDの修理方法を解説しています

冷却ファンでHDD(ハードディスク)を冷やそう

もし使っているのがノート型パソコンであれば、あまり改良の余地は無いかもしれませんが、デスクトップ型で、PCIスロットが空いていれば、ハードディスク冷却用のファンが取り付けられるかもしれません。

冷却ファンとは換気扇の形をした扇風機で、コンピュータ内の電源と接続してファンを廻す事により風を起こし、その風で、熱を逃がしてハードディスクなどの部品を冷却します。

ハードディスクはコンピュータを使っている間、かなり稼動している(データの読み書きをすれば必ず動きます)ので、熱を発しやすい部品の一つです。また、ハードディスクが壊れる原因の主なものの一つが熱になっています。

大きなタイプの強力な冷却ファンにより、ハードディスク周辺の熱せられた空気を逃がし、ハードディスクを一定の温度以下に保てれば、ハードディスクの寿命も延びますし、突然の故障も起こりにくくなると思います。

特にパソコンをエアコンの効いていない部屋、窓際など温度の高くなる可能性がある場所に設置している人は冷却ファンの導入を検討すると良いかもしれません。

冷却ファンはまずは、CPUを冷やすためのもの、電源やその他部品を冷やすものとあり、CPU向けのファンをなるべく大型、強力にし、その他部分に関しても、ハードディスクなど熱を多く発散し、また熱に弱い部分をカバーするよう設置すると良いでしょう。

自作ではなく、普通に買ったデスクトップ型パソコンであれば、少なくともCPUの冷却ファンは絶対についてますし、ある程度のその他向け冷却ファンもついているかもしれませんが、両方ともにより大型で強力なものにすることで、CPUやハードディスクなど重要な部品が長持ちし、快適なパソコンライフが送れると思います。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hddfix.net/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)